暴飲暴食をしがちな渋谷の人は内科で診察を受ける

サラリーマンは接待や飲み会に参加する機会が多いので、暴飲暴食による太り過ぎに悩まされている人が少なくありません。
体重が増えると、これまで着用できた洋服のサイズが合わなくなったり、見た目も悪くなりますが、もっと怖いのは肝臓を悪くすることです。

肝臓がんになることがあるので、暴飲暴食の自覚があり、体調に不安がある渋谷の人は、内科で診察を受けるようにしましょう。


ステーキやとんかつなどには、たっぷりの脂肪が含まれているので、健康のことを考えるなら食べ過ぎないようにしてください。

渋谷の内科は支持されています。

摂取した脂肪は小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られますが、脂質や糖分を摂りすぎていた場合、脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓に溜まりやすくなります。肝臓に中性脂肪が溜まると、脂肪肝になりますが、これはアルコールの飲み過ぎでも引き起こされるので、早めに渋谷の内科の治療を受けて、正常に戻すようにしてください。



脂肪肝は中高年に多く、女性よりも男性に多い症状です。



アルコール性の脂肪肝の人は、そのままにしておくと肝硬変に進行することがあるので注意しなければなりません。

アルコール性肝炎になると、肝細胞が破壊されて炎症が引き起こされるので、全身のだるさや吐き気、黄疸、発熱などの症状があらわれます。慢性肝炎の状態が続くと、肝硬変になり、肝臓がんまで進行することもあります。
初期であれば、渋谷の内科での治療と、禁酒により改善できるので、早めに治すことが大切です。

top